作成者別アーカイブ: 里山社

3/15発売!『日常と不在を見つめてードキュメンタリー映画作家・佐藤真の哲学』

90~00年代、《日常》と《不在》にこだわり、潜む闇をじっくりとあぶり出したドキュメンタリー映画作家、佐藤真。公害問題と日常、障害とは、アートとは何か、グローバリゼーションに抗うこと、そして映像のもつ根源的な力とはーー。不穏な時代のうねりを前に「世の中を批判的に見る目を持て」と映像と文章で私たちの眠った感覚を刺激しました。

佐藤が世を去って9年。その仕事に着目した一冊の書籍が誕生します。影響を受けた人からともに歩んできた人まで、佐藤真に惹きつけられた32人の書き下ろし原稿とインタビュー、そして佐藤真の単行本未収録原稿を含む傑作選を収録。映像作家であり、90年代後半の類稀な思想家とも言うべき佐藤真の哲学を掘り下げ、今を「批判的に」見つめ、私たちの確かな未来への足場を探ります。

satou_syoei_syou

四六版 並製本 カバー帯あり
368頁(カラー16頁含)
定価3,500円(税別)
ISBN 978-4-907497-03-3

装丁:川名潤(Prigraphics)

※本体カバーは、映画美学校ドキュメンタリー・ワークショップ(1999.3~1999.8)で佐藤真が配布した手書きの資料。ドキュメンタリーをめぐる思考を制作の流れにそってまとめたもの。 (資料提供:飯岡幸子)

▪️佐藤真プロフィール▪️

sato-self2

    1957年、青森県生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。大学在学中より水俣病被害者の支援活動に関わる。1981年、『無辜なる海』(監督:香取直孝)助監督として参加。1989年から新潟県阿賀野川流域の民家に住みこみながら撮影を始め、1992年、『阿賀に生きる』を完成。ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭銀賞など、国内外で高い評価を受ける。以降、映画監督として数々の作品を発表。他に映画やテレビ作品の編集・構成、映画論の執筆など多方面に活躍。京都造形芸術大学教授、映画美学校主任講師として後進の指導にも尽力。2007年9月4日逝去。享年49。

 

【目次】
※内容は変更になる場合がございます。
※未発表原稿を含む佐藤真の原稿やインタビューと寄稿で構成

●巻頭写真 阿賀 (撮影・笹岡啓子)

第1章 阿賀と日常
赤坂憲雄(民俗学)、平田オリザ(演出家)、想田和弘(映画作家)、森まゆみ(文筆家)、佐藤丹路(妻)、小林茂(映画監督)●佐藤真と盟友・小林茂の往復書簡 ※佐藤真の手紙を初収録 ●座談会 旗野秀人(『阿賀に生きる』発起人)×香取直孝(映画監督)×小林茂×山上徹二郎(シグロ代表)

第2章 生活を撮る
松江哲明(映画監督)、森達也(映画監督・作家)、原一男(映画監督)、佐藤澪(長女)、佐藤萌(次女)

第3章 芸術
椹木野衣(美術評論家)、秦岳志(映画編集)

第4章 写真と東京
飯沢耕太郎(写真評論家)、笹岡啓子(写真家)、諏訪敦彦(映画監督)●グラビア 佐藤真1990’s トウキョウ・スケッチ ※佐藤真の東京スナップが蘇る! 構成・解説:飯沢耕太郎

第5章 不在とサイード
四方田犬彦(批評家)、大倉宏(美術評論家)、八角聡仁(批評家)、ジャン・ユンカーマン(映画監督)●インタビュー 阿部マーク・ノーネス(映画研究)

第6章 ドキュメンタリー考
港千尋(写真家、映像人類学者)●企画書「ドキュメンタリー映画の哲学」

第7章 佐藤真の不在
林海象(映画監督)⚫︎論考「佐藤真をめぐる8章」萩野亮(映画批評)●インタビュー 小林三四郎(佐藤真いとこ、配給会社・太秦代表取締役社長)⚫︎教え子座談会 石田優子(映画監督)×奥谷洋一郎(映画監督)×山本草介(映画監督)●ルポ「佐藤真のその先へ−—−—「佐藤真の不在」を上演するということ」村川拓也『Evellet Ghost Lines』
●佐藤真年表 ●作品リスト

 

特集上映決定!「佐藤真の不在を見つめて」場所:アテネフランセ・文化センター
期間:2016年3月24日(木)、25日(金)、26日(土)

この本の刊行に際し、佐藤真の教え子と仲間たちが有志で集い上映会を企画しました。佐藤作品の上映とトークで現在を見つめます。佐藤作品を未見の方も、既に見られている方も、改めて佐藤作品を見るまたとない機会です。奮っておいでください。

掲載誌情報 5/1発売「週刊読書人」関川夏央×酒井順子対談『井田真木子著作撰集』1&2刊行記念

3月12日に、東京堂書店で開催された関川夏央さん、酒井順子さんの対談
「井田真木子というジャンル」が、5月1日発売の「週刊読書人」紙面に掲載されています。

80年代論、ノンフィクションというジャンルの考え方、「私性」の扱い方、
作家の人生と書き物の危険な相関関係についてなど。
文学と文学者の生き方についてを深く考察した名対談!

文学とは、芸術とは、というものの本質を考える、
たいへん面白い内容なので、本書を読んだことのない方も、ぜひご覧ください。

FullSizeRender

4/2(木)19時〜『井田真木子著作撰集 第2集』刊行記念対談 第2弾 上原善広さん×渡辺一史さん 場所:紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース

刊行記念対談第2弾です!

第1集刊行にあたり、
「井田真木子とは、自らの身を削るようにして書き続け、そして倒れた狂気のノンフィクション作家である。この著作選集は、彼女の魅力をあますことなく収められている」と推薦コメントを寄せていただいたノンフィクション作家の上原善広氏、そして
「『井田以前、井田以後』という言葉を使いたくなるほど心酔し、今もその影響下にある」と書いていただいた同じくノンフィクション作家の渡辺一史氏。
 現在、ノンフィクション作家として、社会の辺境と言われる人や場所に惹かれながら、最前線で挑むようなお仕事をされている、どこか井田真木子とも通じるような姿勢で執筆活動をされているお二人に、「井田真木子とノンフィクションの現在」についてお話いただく対談イベントを開催致します。

 会場では、お二人のこれまでのご著書も販売致します。どうぞふるってご参加ください。

上原善広 1973年大阪府生まれ。2010年、日本各地の被差別部落を訪ねた『日本の路地を旅する』(文藝春秋)で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。著書に『被差別の食卓』『私家版 差別語事典』『異形の日本人』『聖路加病院訪問看護科 11人のナースたち』『異貌の人びと』『路地の教室』『差別と教育と私』『異邦人 世界の辺境を旅する』『韓国の路地を旅する』『石の巨塔 発見と捏造、考古学に魅せられた男たち』など。

渡辺一史 1968年名古屋市で生まれ、大阪府豊中市で育つ。北海道大学文学部を中退後、北海道を拠点に活動するフリーライターとなる。2003年、重度身体障害者とボランティアの交流を描いた『こんな夜更けにバナナかよ』(文春文庫)を刊行し、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2011年刊の『北の無人駅から』(北海道新聞社)でサントリー学芸賞、地方出版文化功労賞などを受賞。札幌市在住。

 
○日時:2015年4月2日(木) 19:00~ (開場18:45)

○場所:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース 

○定員:45名 ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

○参加方法:3月10日(火)10:00より、2階レジカウンターにて「井田真木子著作撰集」第1集(発売中 税込3240円)または第2集(3/10朝までに入荷予定 税込3240円)をお買い上げの方先着45名様に参加整理券を配布いたします。
電話予約: 整理券に残部がある場合に限り、3月11日(水)10:00よりお電話でのご予約も承ります。
予め2階カウンターで本と整理券をお求めの上、会場へお越しください。
2階直通 03-3354-5702

紀伊國屋書店ホームページ

東京堂書店 関川夏央さん×酒井順子さん対談「井田真木子著作撰集第2集」無事終わりました。

3月12日(木)の東京堂書店さんでの対談トークショーにお越しいただいた方々、
誠にありがとうございました。

東京堂書店さんには、心のこもったフェアまで開催いただきました。
文芸担当清都さんの素晴らしいフェア台!

_DSC2152

第1集と同様、第2集も中身は折り紙付きなのですが、
二度目ということで、
なかなか足を運んでいただけないのでは、と当日まで不安でいっぱいでしたが、
多くの方に来ていただき、まずそのことが有難く、本当に感謝、感謝です。

_DSC2194

関川さんと酒井さんには、終始おぼつかない司会(清田)をあたたかく
リードしていただき、ほんとうにありがたかったです。

そしてお二人の対談は、私自身新鮮な驚きに満ちた内容で、
率直に、たいへん面白かったです。

今回発売する第2集に収録しているインタビューは、
井田真木子自身の言葉で自作や自分自身の創作行為について語っているもので、
これはこれで、たいへん興味深く、面白い内容です。

しかし、事実を自分の中で組み立てて「物語を作ってしまう」井田真木子が語る
内容だけに、作品を読み込みつつ、さらに井田真木子本人の言葉を再度、
検証し直していただいたような昨日の対談は、
井田真木子とその作品を考えるうえで、とても重要なものでした。

80年代のバブル時代に雑誌記者として記事を乱発したことが、
反動のように、その後、丹念な取材と情報収集に基づいた
長編作品の執筆に向かわせて行ったのではないか、
また、80年代という時代は何だったのか、という検証を、自虐的になるのではなく、
自分がやらなくてはならないという使命感にも似たようなものを持っていた、
という関川さんの鋭いご指摘。

そして、酒井さんがおっしゃっていた、
井田真木子が知りたかったのはどこまでも自分自身だったということ。
また、井田作品はすべて青春期から未来を見据えて終わっているものの、
それは井田真木子自身の問いかけがその時点でまだ若いものだったからだろう、
というご指摘も、ハッとしました。

これは帰りの電車で考えたのですが、
井田真木子は、自分がなぜこんなに苦しいのか、ということを、
他人を通して知ろうとしたのではないか、という気がしました。
それだけに「私」を終えた先に人生が続いたなら、
井田さんが何を書いたのか、とても見てみたかったです。

まだまだたくさんの発見がありますが、
落ち着いてじっくり考えたいと思います。

ともかくとても貴重な一夜でした。
お集りいただいた方々、そして、関川さん酒井さん、東京堂書店のみなさま、
本当にありがとうございました。

フェアは3月いっぱいも開催致します!
井田真木子が読んだ「私の本」独特なチョイスがかなり面白いです。
また、関川さん、酒井さんのご著書も併設させていただいております。

是非、お越しください!

3月12日(木)東京堂書店にて『井田真木子著作撰集』第2集刊行記念トークショー 関川夏央さん、酒井順子さん対談

3月14日の発売日に少し先駆けて、トークショーを開催します! 今回は、いくつかトークショーを開催し、井田真木子の著作とその人についてじっくりと 掘り下げたいと考えています。 その第1弾となるトークショーは、広く文学作品としての井田真木子の魅力を紐解く対談です! 皆様ふるってご参加ください!

 

(↓東京堂書店ホームページ)

http://www.tokyodoshoten.co.jp/blog/?p=8001

 

2001年に44歳の若さでこの世を去った井田真木子。

その作品は静かに過去のものとなりつつありましたが、2014年、13年ぶりに復刊した『井田真木子著作撰集』は、その作品の力から大きな反響を呼び、来る3月14日(井田真木子の命日です)、第2集の刊行にこぎつけました。

その発売に先駆けて、刊行記念トークショーを開催します。

井田真木子の書いた本は、女子プロレス、同性愛、中国残留孤児2世、援助交際などを題材としつつ、そもそもの読者のテーマへの興味の有無を越え、文学作品として普遍的な魅力を持ち、読者は読み進めるうちに、自ずと「社会問題」が内包するものに強い関心を寄せるようになる、力のある作品ばかりです。

『小蓮の恋人』を読み「端倪すべからざる書き手を発見したと思った」(『井田真木子著作撰集』寄稿より)という作家の関川夏央さん、そして「ノンフィクションという枠には収まらない『井田真木子』というジャンルがあった」(第2集寄稿より)というエッセイストの酒井順子さんに、現在もなお古びない井田作品の魅力について、そして文学作品として、井田真木子がどのようなものを目指したのかについてなどお話いただきます。

忘れられつつあった作家の「不朽の名作」が今後も読み継がれるきっかけになれば幸いです。

当日は、お二方の著作や、またお二方の本にまつわる書籍、そして井田真木子が愛した関連書籍も販売致します。広く「文学」について考えるトークショーになります。

どうぞふるってご参加ください。

 

井田真木子 1956年7月19日神奈川県生まれ。慶応大学文学部哲学科卒。フリーライターを経て2冊目の著書となる『プロレス少女伝説』で91年大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。92年『小蓮の恋人』で講談社ノンフィクション賞を受賞。代表作に『同性愛者たち』『フォーカスな人たち』『かくしてバンドは鳴りやまず』『十四歳』など。2001年3月14日肺水腫により死去。享年44歳。

 

対談者プロフィール

関川夏央 1949年新潟県生まれ。『海峡を越えたホームラン』で講談社ノンフィクション賞、『「坊っちゃんの時代」で手塚治虫文化賞を受賞。『昭和が明るかった頃』で講談社エッセイ賞を受賞。『昭和三十年代演習』『おじさんはなぜ時代小説が好きか』また、本にまつわる著書に『「解説」する文学』『文学は、たとえばこう読む』ほか。

 

酒井順子 1966年東京生まれ。高校時代より雑誌に寄稿し、大学卒業後、広告会社勤務を経てエッセイ執筆に専念。2003年に刊行した『負け犬の遠吠え』で講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞を受賞。『枕の草子REMIX』『ユーミンの罪』『オリーブの罠』他多数。本にまつわるエッセイに『本が多すぎる』など。

 

開催日時:2015年3月12日(木) 19時~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店神田神保町店6階 東京堂ホール

参加方法:参加費800円(要予約・ドリンク付き)

店頭または電話・メール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にて、「関川さん酒井さんイベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。

電話 03-3291-5181

※当日17:00より1階総合カウンターにて受付を行います。

参加費800円(ドリンク付き)をお支払い頂いた上で、 1Fカフェにて、カフェチケットと指定のドリンクをお引換えください。 イベントチケットは6階入口にて回収致しますので、そのままお持ちください。 尚ドリンクの引換えは当日のみ有効となります。

『井田真木子著作撰集 第2集』(2015年3月14日刊行)

 

ida2

四六版 ビニールカバー装
592頁+別丁付録16頁
定価3000円+税
ISBN 978-4-907497-02-6 C0095

装丁:川名潤(Prigraphics)

井田真木子の底力を知る傑作揃いの第2弾。
『小蓮の恋人』『ルポ十四歳』他貴重なインタビューも収録。

【収録作品】

■『小蓮の恋人』(92年 文藝春秋刊 講談社ノンフィクション賞受賞作品)

関川夏央氏をして「端倪すべからざる作家を発見した』と言わしめた、完成度の高い作品。最高傑作という呼び声も高い。「恋愛」という小さな窓口から入り、中国残留孤児2世の置かれた現状を軸に、日中の戦後史が現代に落としている陰が見えてくる。

 

■『十四歳 見失う親 消える子供たち』(98年 講談社刊)

援助交際という問題を、「子供版の遅れてきたバブル」と捉え、日本の戦後の躓きと、90年代の「団塊ジュニア世代」と呼ばれる中高生の間に漂う終末的空気が結びついていく。取材時女子高生だった主人公は、現在30代なかばから40歳前半で、団塊ジュニアの青春のダークサイドをテーマにしている本作は、上記世代に熱狂的支持を得ています。

 

■『詩集 街』(77年 無限刊)
21歳の井田真木子2作目の詩集。抄録。寄稿に田村隆一氏、会田綱雄氏。
■インタビュー「私は目」(リトルモア)/「世の中のキーワード崩すのがが私の仕事」(「ノンフィクションを書く!」)
井田真木子の特異な執筆スタイル、取材方法を語った貴重なインタビュー2本。
井田真木子はいかにしてノンフィクション作家となったのか。
また、どのように被写体の心の声を引き出したのか。
作家としての井田真木子の魅力と個性が鮮明になるインタビュー。ファン必読です!
■座談会「職業としてのノンフィクションライター」(「海燕」)
(井田真木子+野村進+武田徹+岩上安身)
井田真木子がノンフィクション論を展開する座談会。
ノンフィクション界の中でも特異な存在感が露わになる。
■エッセイ「平野啓一郎という人」ほか、本にまつわるエッセイ11篇
井田真木子の読書歴、本との付き合い方を綴るエッセイ
★付録
解説:酒井順子「井田真木子というジャンル」
対談:飯窪成幸+白幡光明 元井田真木子担当編集者対談(文藝春秋)

 

田代一倫2/11(祝)「ポートレートにまつわる体験」レクチャー@横浜市民ギャラリー

「はまゆりの頃に」の田代一倫さんの、ポートレートに関するレクチャーが2月11日(祝)に開催されます。場所は、横浜・桜木町の「横浜市民ギャラリー」。「ハマゼミ」という、大人のための教養講座だそうです。
「はまゆりの頃に」の後に撮った新作も公開。スライドを見ながら、人間を撮ることの本質に迫る講義です!
要予約で、〆切は1月28日。こちらのサイトからです。
http://ycag.yafjp.org/lecture_hamazemi/

梯久美子さん『井田真木子著作撰集』熊本日日新聞11月9日書評

少し前になってしまいますが、11月9日の熊本日日新聞の読書欄に、

梯久美子さんに『井田真木子著作撰集』の書評を書いていただきました。

発売時、面識はなかったのですが梯さんに読んでいただきたいと思い、

1冊献本させていただき、その後すぐにお電話をいただきました。

梯さんは、こんなこと普段はしないんですが、と前置きしながら、

亡くなった作家と面識もない年下の編集者が、死後自分ひとりの

出版社で本を復刊したいと動いたということに

同じノンフィクション作家としてとても嬉しかった

ということをおっしゃっていただきました。

それはそれはこちらこそ嬉しく、私がただただ自分の思い込みだけで

突っ走っていることを受け止めていただいたような、

救われたような気持ちになりました。

その時の顛末なども含めて書いていただいています。

本の中に何度も井田真木子が顔を出す、ということ、また、

「生きることのリアルな痛みは古びない」という一節が胸に刺さりましたが、

この評の中にも梯さんご自身の真摯なお姿が何度も登場します。

評という以上に、とても素敵なエッセイを読んだような余韻に浸りました。

ちなみに熊本は母の実家で幼い頃よく行っていて、

熊本の新聞に掲載されたことも嬉しかったです。

IMG_1503

マガジン航「本を出すまで」第5回原稿ようやく更新です!

ブログご無沙汰しており、申し訳ありません!

「本を出すまで」と言いながら、既に2冊出し、 いま3冊目を準備中ですが、滞りがちな連載原稿の5回目を書きました。

なぜこんなにのろいのか、ということがわかっていただけるかもしれない内容です(言い訳)。

里山社の核の部分を書きながら、自分でも自分は一体何を考えているのか、たしかめていくような作業でした。

出版社をやるために役に立つことはいっさい、書いてありませんが、

こんな人でもやってるんだ、と勇気はわくかもしれません。

おてすきの際に。

http://www.dotbook.jp/magazine-k/hon_wo_dasumade_05/