九龍ジョーさんが「KAMINOGE」で『井田真木子著作撰集』について。

現在発売中のプロレス雑誌「KAMINOGE」で、

ライターの九龍ジョーさんが、『井田真木子著作撰集』についてコラムで書いていただいています。

『プロレス少女伝説』で、神取忍と長与千種の、幻に終ったマッチメイクを、裏で

成功させようと暗躍していたのが井田真木子だったことに触れ、

その「状況介入的」手法のすごさを言及しています。さすが!

この本以外でも、井田真木子は、関係者ならずとも「ソコいくか!」という

台風の目に手を突っ込み、思い切りかき回すような方法で取材し、執筆していきます。

そこが井田真木子の恐ろしさであり、面白さでもあります。

ちなみに、この号の「KAMINOGE」では、プチ鹿島さんも偶然、

本書の発売をご存知ない状態で「プロレス少女伝説」について触れています。

すごい偶然!のようで必然のような気もしてしまうのは、

井田真木子だからなのでしょう。