Now Loading...


お知らせ

『ジェンダー写真論1991-2017』イベント開催&フェアのお知らせ

ご好評いただいております、笠原美智子著『ジェンダー写真論1991-2017』でフェアとイベント開催です。

●NADiff BAITEN(東京都写真美術館内)
関連書籍フェア開催中!
本書に登場するアーティストたちの写真集や作品集、笠原美智子企画展の図録など、併せて読みたい写真美術館ならではの品揃えです。
ぜひお越しください!

●NADiff a/p/a/r/t(恵比寿)
『ジェンダー写真論 1991-2017』出版刊行記念トーク
2018.03.30[金]
出 演 : 笠原美智子(東京都写真美術館)
ゲスト : 石内都(写真家)
日 時 : 2018年3月30日(金) 19:00-20:30 (開場 18:45)
会 場 : NADiff a/p/a/r/t
定 員 : 70名
入場料 : 1,000円

日本で初めてのジェンダー的観点からの企画展となった、91年の「わたしという未知へ向かって 現代女性セルフ・ポートレイト展」をはじめとして、女性とLGBTにとって激動の時代であるこの30年のアーティストたちの格闘を記してきた笠原さんのテキストを振り返ることは、どんなセクシュアリティの人であれ、知らず知らずのうちに自分自身に嵌めている枠組みをひとつひとつ取り払うような身体の内から解放されるような感覚を味わうはずです。
今回のトークショーでは、笠原さんと長きに渡りともに作家人生を歩んでこられた写真家の石内都さんに、笠原さんと石内さんの関わり、現在の日本のジェンダーと写真の状況についてお話しいただきます。

お問い合わせは下記まで!
http://www.nadiff.com/?p=8978

●青山ブックセンター本店(渋谷・表参道)
笠原美智子選書フェア開催中!
入口すぐの柱のそばにて展開しています!
ジェンダー、写真、美術関連のみならず、笠原さんの外国文学への造詣の深さもうかがわせる選書。楽しい棚になってます!

●青山ブックセンター本店(渋谷・表参道)
『ジェンダー写真論1991-2018』(里山社) ×『Family Regained』(ナナロク社) 刊行記念
「セクシャルマイノリティと写真の30年 〜「承認」への表現〜」
笠原美智子 × 森栄喜 トークイベント

日時 : 2018年4月22日 (日) 14:00~15:30 (開場 13:30)
料金 : 1,350円(税込)
定員 : 50名様
会場 : 青山ブックセンター本店内 小教室

本書と、写真家・森栄喜さんの4年ぶりとなる写真集『Family Regained』の刊行を記念してトークショーを開催します。98年の「ラヴズ・ボディ ヌード写真の近現代」展をはじめとして、女性とLGBTにとって激動の時代であるこの30年のアーティストたちの格闘を記してきた笠原美智子さん。そのテキストを読むと、セクシュアリティを問わず、知らず知らずのうちに自分自身に嵌めている枠組みをひとつひとつ取り払うような身体の内から解放されるような感覚を味わうはずです。今回、W刊行記念として対談相手に、自身もオープンリーゲイであり、近年は写真に留まらない表現活動をする森栄喜さんが登壇。新作写真集では未来の家族像を赤色の世界の中に祈りと共に描きだしました。LGBTのアーティストたちのこれまでの歩み、それを「引き継ぐ者」としての森さんの在り方についてなど、笠原美智子と森栄喜が今語りあいます。

お問い合わせは下記まで!
http://www.aoyamabc.jp/event/gender/