1/27「男たちの旅路 〜山田太一セレクション〜」刊行決定!

昨年12月より刊行しております「山田太一セレクション」、
第3弾「男たちの旅路」を1月27日に発売いたします。

鶴田浩二演じる特攻隊の生き残り、吉岡司令補の「お説教」がしびれる名シリーズです。
車椅子が社会に出ていけないという問題を、トコトンまで掘り下げて描いた、
山田太一ドラマのなかでも記念碑的作品「車輪の一歩」や、
高齢化社会の到来にいち早く反応し、「社会のお荷物的存在になんかなりたくない」という
老人たちの反乱を描いた「シルバーシート」など、
社会問題を人間ドラマとして巧みに描き出した作品も多く、
今なお忘れられない、忘れてはならない、ヒリヒリするようなセリフがそこかしこに登場します。

「迷惑をかけることを怖れるな」(「車輪の一歩」)
「いまは、もうろくばあさんでも、立派に何人かの子供を育てた、ということで、敬意を表されてはいかんかね?」(「シルバーシート」)

その他、昨年末に惜しまれながら亡くなった根津甚八さんの、絶頂期で引退を試みる歌手が当たり役
「墓場の島」など、何度でも確かめたい名作の数々。

また、人生の終わりにさしかかった、戦争未亡人の女教師の心情を切々と描く、
名作短編「終りの一日」も収録。

どこから読んでも楽しめる「男たちの旅路」全話を一冊に収録した画期的な試みです。
ぜひご覧ください!

otoko_02 otoko_04

 

 

装丁:マッチアンドカンパニー(町口覚+浅田農)

ISBN 978-4907497-06-4
定価 2200円
552ページ
ペーパーバック装