Now Loading...


里山社の本

山田太一セレクション男たちの旅路

山田太一

鶴田浩二主演。「車輪の一歩」「シルバーシート」ほか、時代を経ても社会を揺さぶる名作。

山田太一の名作シナリオをペーパーバックで復刊したシリーズ第3弾。
▪️「男たちの旅路」
(1976年2月28日〜1979年11月24日放映 NHK)
「いいか、君たちは弱いんだ。それを忘れるな」特攻隊の生き残りの警備員、吉岡司令補(鶴田浩二)の叱咤に痺れる大ヒットシリーズ。テレビドラマで車椅子で生活する人々の問題を主軸に取り上げ、世に問うた記念碑的作品「車輪の一歩」や、「若い奴の世話になんかなりたくない」という老人ホームの老人たちの抵抗を描く「シルバーシート」など名作揃いのシリーズ。

▪️「終りの一日」
(1975年9月7日放映 北海道放送)
戦争未亡人の女性教師が教師生活を終える。人知れず切々とした想いを溢れさせる女性の姿が胸を打つ名作。

著者について

1934年、東京浅草生まれ。早稲田大学卒業後、松竹大船撮影所入社。演出部で木下惠介監督の助監督に。65 年、 脚本家として独立。「岸辺のアルバム」「男たちの旅路」「早春スケッチブック」「想い出づくり」「ふぞろいの林檎たち」など数多くのテレビドラマを手がけ、ギャラクシー賞他多数の賞を受賞。88 年、長編小説「異人たちとの夏」で山本周五郎賞、2014 年、エッセイ集「月日の残像」で小林秀雄賞を 受賞。著書に「飛ぶ夢をしばらく見ない」「終りに見た街」「空也上人がいた」他多数。戯曲に「日本の面影」「黄金色の夕暮」他多数。 2014年、河出書房新社より「文藝別冊 山田太一」、文庫「山田太一エッセイコレクション」全3巻を刊行。

関連する本

山田太一セレクション 男たちの旅路

山田太一セレクション男たちの旅路

山田太一

装丁:マッチアンドカンパニー(町口覚+浅田農)

2017年1月27日・刊
定価:2,200円+税
552ページ
ISBN: 978-4907497-06-4
四六判変形 並製本

通信販売ページへ  stores.jpのウェブストアを利用しております。