カテゴリー別アーカイブ: 里山社の本

3/15発売!『日常と不在を見つめてードキュメンタリー映画作家・佐藤真の哲学』

90~00年代、《日常》と《不在》にこだわり、潜む闇をじっくりとあぶり出したドキュメンタリー映画作家、佐藤真。公害問題と日常、障害とは、アートとは何か、グローバリゼーションに抗うこと、そして映像のもつ根源的な力とはーー。不穏な時代のうねりを前に「世の中を批判的に見る目を持て」と映像と文章で私たちの眠った感覚を刺激しました。

佐藤が世を去って9年。その仕事に着目した一冊の書籍が誕生します。影響を受けた人からともに歩んできた人まで、佐藤真に惹きつけられた32人の書き下ろし原稿とインタビュー、そして佐藤真の単行本未収録原稿を含む傑作選を収録。映像作家であり、90年代後半の類稀な思想家とも言うべき佐藤真の哲学を掘り下げ、今を「批判的に」見つめ、私たちの確かな未来への足場を探ります。

satou_syoei_syou

四六版 並製本 カバー帯あり
368頁(カラー16頁含)
定価3,500円(税別)
ISBN 978-4-907497-03-3

装丁:川名潤(Prigraphics)

※本体カバーは、映画美学校ドキュメンタリー・ワークショップ(1999.3~1999.8)で佐藤真が配布した手書きの資料。ドキュメンタリーをめぐる思考を制作の流れにそってまとめたもの。 (資料提供:飯岡幸子)

▪️佐藤真プロフィール▪️

sato-self2

    1957年、青森県生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。大学在学中より水俣病被害者の支援活動に関わる。1981年、『無辜なる海』(監督:香取直孝)助監督として参加。1989年から新潟県阿賀野川流域の民家に住みこみながら撮影を始め、1992年、『阿賀に生きる』を完成。ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭銀賞など、国内外で高い評価を受ける。以降、映画監督として数々の作品を発表。他に映画やテレビ作品の編集・構成、映画論の執筆など多方面に活躍。京都造形芸術大学教授、映画美学校主任講師として後進の指導にも尽力。2007年9月4日逝去。享年49。

 

【目次】
※内容は変更になる場合がございます。
※未発表原稿を含む佐藤真の原稿やインタビューと寄稿で構成

●巻頭写真 阿賀 (撮影・笹岡啓子)

第1章 阿賀と日常
赤坂憲雄(民俗学)、平田オリザ(演出家)、想田和弘(映画作家)、森まゆみ(文筆家)、佐藤丹路(妻)、小林茂(映画監督)●佐藤真と盟友・小林茂の往復書簡 ※佐藤真の手紙を初収録 ●座談会 旗野秀人(『阿賀に生きる』発起人)×香取直孝(映画監督)×小林茂×山上徹二郎(シグロ代表)

第2章 生活を撮る
松江哲明(映画監督)、森達也(映画監督・作家)、原一男(映画監督)、佐藤澪(長女)、佐藤萌(次女)

第3章 芸術
椹木野衣(美術評論家)、秦岳志(映画編集)

第4章 写真と東京
飯沢耕太郎(写真評論家)、笹岡啓子(写真家)、諏訪敦彦(映画監督)●グラビア 佐藤真1990’s トウキョウ・スケッチ ※佐藤真の東京スナップが蘇る! 構成・解説:飯沢耕太郎

第5章 不在とサイード
四方田犬彦(批評家)、大倉宏(美術評論家)、八角聡仁(批評家)、ジャン・ユンカーマン(映画監督)●インタビュー 阿部マーク・ノーネス(映画研究)

第6章 ドキュメンタリー考
港千尋(写真家、映像人類学者)●企画書「ドキュメンタリー映画の哲学」

第7章 佐藤真の不在
林海象(映画監督)⚫︎論考「佐藤真をめぐる8章」萩野亮(映画批評)●インタビュー 小林三四郎(佐藤真いとこ、配給会社・太秦代表取締役社長)⚫︎教え子座談会 石田優子(映画監督)×奥谷洋一郎(映画監督)×山本草介(映画監督)●ルポ「佐藤真のその先へ−—−—「佐藤真の不在」を上演するということ」村川拓也『Evellet Ghost Lines』
●佐藤真年表 ●作品リスト

 

特集上映決定!「佐藤真の不在を見つめて」場所:アテネフランセ・文化センター
期間:2016年3月24日(木)、25日(金)、26日(土)

この本の刊行に際し、佐藤真の教え子と仲間たちが有志で集い上映会を企画しました。佐藤作品の上映とトークで現在を見つめます。佐藤作品を未見の方も、既に見られている方も、改めて佐藤作品を見るまたとない機会です。奮っておいでください。

『井田真木子著作撰集 第2集』(2015年3月14日刊行)

 

ida2

四六版 ビニールカバー装
592頁+別丁付録16頁
定価3000円+税
ISBN 978-4-907497-02-6 C0095

装丁:川名潤(Prigraphics)

井田真木子の底力を知る傑作揃いの第2弾。
『小蓮の恋人』『ルポ十四歳』他貴重なインタビューも収録。

【収録作品】

■『小蓮の恋人』(92年 文藝春秋刊 講談社ノンフィクション賞受賞作品)

関川夏央氏をして「端倪すべからざる作家を発見した』と言わしめた、完成度の高い作品。最高傑作という呼び声も高い。「恋愛」という小さな窓口から入り、中国残留孤児2世の置かれた現状を軸に、日中の戦後史が現代に落としている陰が見えてくる。

 

■『十四歳 見失う親 消える子供たち』(98年 講談社刊)

援助交際という問題を、「子供版の遅れてきたバブル」と捉え、日本の戦後の躓きと、90年代の「団塊ジュニア世代」と呼ばれる中高生の間に漂う終末的空気が結びついていく。取材時女子高生だった主人公は、現在30代なかばから40歳前半で、団塊ジュニアの青春のダークサイドをテーマにしている本作は、上記世代に熱狂的支持を得ています。

 

■『詩集 街』(77年 無限刊)
21歳の井田真木子2作目の詩集。抄録。寄稿に田村隆一氏、会田綱雄氏。
■インタビュー「私は目」(リトルモア)/「世の中のキーワード崩すのがが私の仕事」(「ノンフィクションを書く!」)
井田真木子の特異な執筆スタイル、取材方法を語った貴重なインタビュー2本。
井田真木子はいかにしてノンフィクション作家となったのか。
また、どのように被写体の心の声を引き出したのか。
作家としての井田真木子の魅力と個性が鮮明になるインタビュー。ファン必読です!
■座談会「職業としてのノンフィクションライター」(「海燕」)
(井田真木子+野村進+武田徹+岩上安身)
井田真木子がノンフィクション論を展開する座談会。
ノンフィクション界の中でも特異な存在感が露わになる。
■エッセイ「平野啓一郎という人」ほか、本にまつわるエッセイ11篇
井田真木子の読書歴、本との付き合い方を綴るエッセイ
★付録
解説:酒井順子「井田真木子というジャンル」
対談:飯窪成幸+白幡光明 元井田真木子担当編集者対談(文藝春秋)

 

『井田真木子 著作撰集』(2014年7月19日刊行)

「リアリティとは生きた証」—―書くことは生きること。夭折の作家が今、蘇る!

44歳の若さでこの世を去ったノンフィクション作家、井田真木子。その主要作品が死後初めて復刊となります。大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した「プロレス少女伝説」、傑作「同性愛者たち」、遺作「かくしてバンドは鳴りやまず」他単行本初収録となるエッセイや処女詩集など。伝説の作家、井田真木子の真髄に触れる充実の著作集、堂々完成!

【別刷付録】解説:関川夏央/弔辞:柳田邦男/インタビュー:神取 忍

_DSC05334

※表紙の文字は井田真木子の直筆です。
四六版 576頁+別丁付録16頁 定価 本体3000円+税
ビニールカバー
ISBN 978-4-907497-01-9 C0095

装丁:川名 潤(プリグラフィックス)

=======================================
井田真木子 1956年7月19日神奈川県生れ。慶應義塾大学文学部哲学科卒。フリーライターを経て2冊目の著書となる『プロレス少女伝説』で91年大宅壮一ノンフィクション賞、92年『小蓮の恋人』で講談社ノンフィクション賞を受賞。その他同性愛者たち』『十四歳』『かくしてバンドは鳴りやまず』など。2001年3月14日肺水腫により死去。享年44歳。
=======================================

「〝心が折れる〟って言葉は、井田さんのインタビューが引き出した」神取忍(女子プロレスラー)

「リアリティとは生きた証しであり、今も生きていると私たちに感じさせるなにものかだ。それさえあれば、私たちは孤独も破壊も狂気も恐れなくてすむ。だから、それは切実な『私』と相互寄生する切実な本なのである。そして、私や『私』や、その本の著者や書かれた人が死んだあとも、一瞬にして、それらを蘇生させる力を持つ本。さらには次世紀に持っていく価値のある本だ。」—――『かくしてバンドは鳴りやまず』より

あぶれ者の女子プロレスラー、中国残留孤児2世、同性愛者、援助交際をする少女など、社会の「周縁」に居た人々の人生を圧倒的なリアリティを持って描き出した井田真木子。その筆致は第三者の「取材」の域を越えた切実さを持つ。井田真木子の取材方法は、被取材者の人生に介入し、運命を変えていくという強引かつ大胆なやり方だった。だがおそらく取材される側との間には、「魂の契約」とも言うべき結びつきがあった。なぜなら井田にとって「書くこと」は「生きること」であり、人生に苦闘する被取材者同様、切実な行為だったのだ。

■収録作品■
■『プロレス少女伝説』(90年かのう書房)〝心が折れる〟という言葉を生み出したプロレス・ノンフィクション不朽の名作。クラッシュギャルズ全盛期、女子プロレス界特有の慣習に馴染めず苦闘する、神取忍ほか不器用な3人の異邦人レスラーの成長を追いながら、日本固有の「ウチ」と「ソト」の感覚を浮き彫りにする。
■『同性愛者たち』(94年文藝春秋)同性愛をカミングアウトする人も稀だった90年代初頭。「同性愛」を正面から世の中に問うた7人の男性同性愛者たちの青春群像劇。恋愛とセクシャリティの本質を問い直す傑作。
■『かくしてバンドは鳴りやまず』(02年リトル・モア)トルーマン・カポーティとランディ・シルツ、カール・バーンスタインとボブ・ウッドワード他に迫ったノンフィクション作家論であり、井田の壮絶な人生論。
■『池田大作 欲望と被虐の中で』テリー伊藤・佐高信著『お笑い創価学会』(光文社文庫)収録の創価学会論
■19歳の頃の処女詩集『雙神の日課』、単行本初収録となる、俳優・本木雅弘の真実を探るルポほかエッセイ12篇!

田代一倫写真集『はまゆりの頃に 三陸、福島 2011〜2013年』

2013 年11 月8日発売!

_DSC0534

著者 田代一倫(本作で2013 年さがみはら写真新人奨励賞受賞)
装丁:鈴木成一デザイン室
菊判(225 ㎜ ×148 ㎜)
本体3,800 円+税
カラー488 ページ+ 別刷折込
ISBN 978-4-907497-00-2 C0072

折込寄稿執筆=赤坂憲雄(民俗学)、伊藤俊治(美術史家)、

大島洋(写真家)、倉石信乃(写真批評・詩人)、中島岳志(南アジア地域研究・近代政治思想史)

「被災地」と「他者の限界」とは?
全488 ページ。掲載写真453 点。撮影人数のべ1200人。史上類のない写真表現。
2011~2013 年春。変貌を続ける被災地、東北へ。自らを〝よそ者〟とする33 歳、新人写真家が迷い、考え、
挑んだ、無謀かつ偉大な一期一会の記録。真っ向勝負の肖像写真453 点と覚書き。

2013年2月22日 福島県双葉郡楢葉町山田岡美し森 「弁当買ってて、来るのが遅くなりました」 いわき市から福島第一原発に働きに来ている男性です。現在は作業員の方の送り迎えをするための車を洗って除染する仕事をされているそうです。

2013年2月22日 福島県双葉郡楢葉町山田岡美し森
「弁当買ってて、来るのが遅くなりました」
いわき市から福島第一原発に働きに来ている男性です。現在は作業員の方の送り迎えをするための車を洗って除染する仕事をされているそうです。

2012年6月23日 宮城県仙台市青葉区国分町 震災直後は、実家のある岩手県遠野市に帰っていたという青年です。それから半年後、再び国分町に戻ってホストを再開したそうです。

2012年6月23日 宮城県仙台市青葉区国分町
震災直後は、実家のある岩手県遠野市に帰っていたという青年です。それから半年後、再び国分町に戻ってホストを再開したそうです。

2011年4月23日 岩手県宮古市田老田中 「震災を思い出すので、直後はなかなか自分の家に戻ることができなかった」 自宅跡に探し物をしに来た女性です。高価な物ではなくても、自分にとって大切な物を探す方々と対面すると、物に対する人の価値観を改めて考え直します。

2011年4月23日 岩手県宮古市田老田中
「震災を思い出すので、直後はなかなか自分の家に戻ることができなかった」
自宅跡に探し物をしに来た女性です。高価な物ではなくても、自分にとって大切な物を探す方々と対面すると、物に対する人の価値観を改めて考え直します。

2011 年3 月11 日の震災を機に、著者は三陸、福島の人々を
2013 年5 月にかけてのおよそ2 年間、撮影し続けた。
総写真枚数は1200枚超。農村や漁村だけでなく、
歓楽街やショッピングセンターに居る人々など、
「イメージどおりの東北、被災者」だけではない人々が、
同じ構図、カメラ目線で撮影され、人々と交わした言葉、状況、
自問自答が抑制の効いた言葉で綴られる。
本書は、その中から453 枚をセレクト。

〝異物〟である写真家が、考え、悩みながら
〝他者〟である被災地の人々に真正面から相対し、
見返される視線や、写り込んだ事柄、そして文章を通し、
日々変化の著しい被災地という、
特異な状況下における土地に生きる人々の微細な感覚を丁寧に読者に伝えていく。
本書を読み終えた時、読者の身体の中には
「東北」のたしかな感触が残っているだろう。


著者プロフィール
田代一倫 TASHIRO Kazutomo 略歴
1980 年福岡県北九州市八幡生まれ。
2006 年、地元、福岡の高校生のポートレートを撮影した初個展
「浮憂世代」(新宿ニコンサロン・東京)で第8 回三木淳賞奨励賞を受賞。
2006 年より、福岡市にて、写真家自身で運営するギャラリー
< アジア フォトグラファーズ ギャラリー> の設立、運営に参加し、
自身の故郷を撮影した「八幡」のシリーズを継続的に発表。
2010 年に活動の拠点を東京に移し、
<photographers’ gallery>
で作品を発表している。本作の連続展覧会(東京、大阪、福岡、福島で開催)で、
2013 年さがみはら写真新人奨励賞を受賞した。